【自分だけじゃない】遅いですが、とうとう休会します。

スポンサーリンク

最近になってニュースを見るようになり、海外などでも結構悲惨な状況になっているみたいなので、そろそろ自分の行動を見直さなければなと思い、ジムに行くのを一旦やめることにしました。

今回は、なぜ僕がジムに通うのをやめることにしたのかを共有します。

同じ、または似たような環境にいる人の考えを見直していただきたいと思います。

ジムに通うのをやめようと思ったきっかけ。

ジムは学生だけではなく、色々な職業の方が利用する施設です。

中には、都市部出身の方や、毎日いろいろな人と接客するような方々ですね。

つまり、最近帰省してきた人や、菌を持った人と触れ合う人がいるような空間なわけです。

そこで、その人たちがいくら手洗いやアルコール消毒をしても、口から出る飛沫に関しては処理しきれません。

しかし、誰が菌を持っているかもわからないような状況なので、特定の誰かに来るなというようなことを言うこともできません。

または自分が持っている可能性もあります。

そこで自分に今できる最適解は「ジムに行かない」ということではないかと考えました。

実家暮らしなので自分事じゃ済まない。

僕は実家から通える大学に通っていますので、家に帰ると両親がいます。

僕は既に22歳で、両親は50近くです。

もし、自分が筋肉付けたいの理由でジムに通っていて、菌を持って帰ってきたら自分は殺人鬼になってしまいます。

ここで、毎回反省して気づくことは「人間はヤバイという状況を本当に感じないと思考・行動しない」ということです。

普通であれば、菌がどれだけヤバイのかを確認してから行動の判断をするべきですが、自分はそれができず、ただただジムに行きたいという欲のままに動いていました。

もはや脳筋ですよね。

今回も、世界でかなり騒がれているのを知ってからヤバイということに気づきました。

ジムをやめれなかった理由

今、いろいろなジムで休館がされているかと思います。

僕のジムでも、一時休会が認められていました。

じゃあ、なぜジムを休会しなかったのか。

それは減量をしていたから、やめるにやめられなかったという自己中な判断。

減量期は筋肉が落ちないように定期的にトレーニングしないとどんどん分解されてしまいます。なぜなら、カロリーが不足しているので筋肉が増えないからです。

とあるツイートで救われた。

ツイッターを見ていて、ある方のツイートに出会いました。

この方は、アンディ・モーガンさんでAthleteBodyというサイトの運営をしています。

以前からこの方のサイトにはお世話になっていて、リーンゲインズ についてもかなり勉強させていただきました。

この方は、動画で

“「0か100かの考えを避ける」減量中であれば、維持カロリーに戻して食事に気をつけるだけで筋肉の減少は防げる”

とおっしゃっていました。

僕は、増量か減量の0か100かの判断しかできていなかったことに気づきました。

特に大会などに出るわけでもないのに、です。

つまり真剣に減量に取り組めるまで維持しているというのも一つの手であるということです。

家でも筋トレできるぞ!!

ここまで、筋トレできるかできないかという話で進めてきましたが、最近では色々なフィットネストレーナーが自宅での筋トレ方法をSNSで公開してくれています。

なので家でもいくらでもトレーニングできますね!

もちろんジムのような高重量は扱えませんが…

僕はジムに行けない間いろいろなバリエーションのHIITにチャレンジしようと思っています

なので、これはキツイ!!と思った種目があればどんどん公開しようと思います!!

まとめ

まだまだ、先は暗いですが今まで培ったトレーニングを生かして、この鬱感を晴らしていきましょう!!

僕の考えを180度変えてくれたアンディ・モーガンさんに感謝します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA