【諭吉2枚】ついに、ダンベルを購入!自宅で捗るトレーニング。

スポンサーリンク

筆者
最近ジムも行けてないし、家でトレーニングできないかなぁ….

と悩んでいたのですが、これを機会に家トレを極めるか!!

と、思い立ったので。

ダンベルを購入しました笑

僕が購入したモデルがこちらです。


[リーディングエッジ] ラバーダンベル 60kg セット 片手 30kg 2個セット レッド LE-DB30B ダンベルセット

僕はこれの黒色を注文したのですが、完全に色の好みです笑

黒だとこんな感じです。

今回は、このダンベルを選んだ理由を紹介します!!

なぜ、このダンベルを選んだのか??

Amazonでダンベルを調べると、ブァーーーー!!っといっぱい商品が並んでいます..

正直なところ、どれを選んだのがいいのかわかりませんでした。

そこで、自分が欲しい条件を以下のようにまとめてみました。

判断基準

・なるべく安い方がいい

・2つあった方がいい

・片方で30kgあれば十分

・重量を変えれるということ

 

以上の希望を満たしていたのがこの商品でした。

僕が調べた中で、片手30kgの2セットのダンベルで一番安いのが上記のモデルでした。

安いと言っても1万8千円くらいですが、今後ジムにいつ行けるかわからないということを考えるとかなり安い投資ではないかと考えています。

ちなみに、特に欲しい条件には加えていなかったのですが、もしこれから買うのであればウェイトにゴムがついているモデルをおすすめします。

理由としては、せっかくの綺麗なフローリングに傷がついてしまいます。

マットの上でトレーニングするのであれば気にする必要がないですが、やっぱりあるに越したことはないです。

実際に使ってみた感想

実際にウェイトをつけてみるとこんな感じです。

ウェイトをつけて横からカラー(ストッパー)をクルクルと回して固定します。

カラーにはこのようにグリップがついているので、トレーニング中にウェイトが外れてしまう心配がありません!

安心です。

いつも通りトレーニングができました!

一つだけ欠点があって、ウェイトをつけているバーの部分が長いので膝に置くときに刺さってしまうところですね笑

ただ、これは膝の上に置く角度を調整すれば解決できます。

それでも欲しかった機能

このダンベルで十分に満足できているのですが、強いていうなら

もう少し細かく重量を変えれたらなぁ…

というところです。

少し値が張ってしまうので僕は重量だけを意識しましたが、使い勝手を重視するのであれば、可変式ダンベルをお勧めします。


TOP FILM 可変式ダンベル 26kg ブロックダンベル 可変式 ダンベル (5~26kg) [1年保証] (52)

こちらもいろいろな商品がでていますが、ピンを抜き差しするだけで重量変更できて、2万円位なので、この商品は結構ありだなぁと思います。

正直、こっちにすればよかった笑

でも、こっちは重量が26kgまでなので僕には不十分だ!とでも言い張っておきます。

ちなみに、もうちょっと予算に余裕がある方でしたら


TOP FILM 可変式ブロックダンベル90ポンド 41kg 2個セットシャフト抜き差しでワンタッチ調整

こっちもおすすめですね。

41kgまで可変できるのでこれ1台あればジムは不要になりますね笑

まとめ

正直ダンベル自体安いお買い物ではないので、悩みますよね。

ただ、今回自分が買ったものは安くて十分トレーニングできているので買って良かったです。

最近、自宅トレーニングが結構流行り出していて、ダンベルが売り切れてしまったり発送が遅れてしまったりしているみたいなのでなるべく早く購入した方がよさげですね。


[リーディングエッジ] ラバーダンベル 60kg セット 片手 30kg 2個セット レッド LE-DB30B ダンベルセット

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA