【運動不足改善!】座りながら運動できるエアロマグネティックバイクを導入したぞ

スポンサーリンク

こんにちは!海斗です。

前回,以下のような記事を書きました。

【明日からできる!?】超簡単!食べる量を減らさずに痩せる方法!

2021年4月11日

いわゆる,筋トレや運動以外における消費カロリーを増やして痩せよう!って話です。

記事中では,スタンディングデスクとステッパーを組み合わせよう!なんて話もしましたが,最近はほとんど研究室にいるのでなかなかNEATを稼げずにいまして…。

そこで,少し奮発してエアロマグネティックバイクとやら運動器具を購入。

 

今回は,実際に購入して1週間立ちましたので,使用感などをレビューしていこうと思います。

こんな方におすすめ!

  • 動画鑑賞しながら運動したい!
  • 座りすぎによるロコモを防ぎたい!
  • 走るなんて有酸素運動はゴメンだ!

使い方

実際に使用している風景はこのような感じです。

サイズとしては結構大きめです。

筆者の使用している椅子にはキャスターが付いているので,図の真ん中のように紐で結びつけるようにしてずれないようにしています

バイク本体と床との接点にはグリップがあるものの,使用していると結構ズレやすいので下にゴムのマットを引いた方がストレスなくこげると思います。

負荷は8段階になっていて,8ほど負荷が大きくなります。

普段運動をしている筆者ですが,8だと10分もしないうちに疲れてしまいます…..

なので使用するときは基本的には負荷が5~6くらいで使用しています。

ペダルの間には画面があって,消費カロリーや漕いだ時間などが表示されます。

実はこれは非常にありがたい機能であって,自分が今日どれだけ運動したかが目視で確認できるというのはモチベーションにもつながるので嬉しいですね。

説明書には,連続使用時間が30分との記載があります。

筆者はもちろんそれを破りまして,1時間ほど漕ぎ続けてみましたが,今の所なにも不具合がありません。

本体がほんのり温かくなる程度でした。(破る際は自己責任でおねがいします。)

注意点

使用する机によっては,天板に膝が当たってしまうので注意が必要になります。

一般的な机の高さの場合,引き出しが付いていると膝が当たりやすくなります。

筆者が使っている机には引き出しが無かったためギリギリ当たらずに使えています。

机の下で漕ぐ場合,本体の高さが36cmなので,60~70cmくらいは高さがあれば十分かなぁと思います。

筆者の机だと68cmで使えました。

あとは椅子の高さを調整すれば使えるかなと思います。

まとめ

今回は,座りながら運動ができるエアロマグネティックバイクのレビューをしました。

どうしてもずっと立っているのは辛いので,椅子に座りながらでも運動ができるバイクは一家に一台あってもいいなぁと思います。

ぜひ皆さんもお試しください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA