【3つの解決策】爆発した食欲を抑えるためのアドバイス

スポンサーリンク

お菓子大好きな人
最近、気づいたら何か食べたくなるんだよなぁ…

と、悩むことありませんか??

実は、家で過ごす機会が多い人ほど気をつけたいポイントがあります。

今回は、

・ダイエットしたいのに食欲が抑えられない….

・常に甘いものが食べたい…

といったような悩みを解決するのにつながるアドバイスを紹介します。

なぜ、食欲が抑えられないのか?

毎回の食事でいっぱい食べないと気が済まなかったり、常に何かを食べたいと思うのにはいろいろな理由があります。

栄養が足りていない

まず、守りたいポイントとして栄養が足りていないということです。

食事で摂取するカロリーはちゃんと栄養があるものでしょうか?

例えば、ダイエットしたいからといって毎日のように「もやし、しらたきだけ….」といったような決まった食事内容になっていないでしょうか?

また、揚げ物や小麦の多い食事ばかり摂取していないでしょうか。

これらに共通する点としては、身体で必要な栄養が足りていないということです。

栄養が足りないことで、身体は危険信号を出し様々な場所で不具合が発生します。

また、ストレスのもとにもなってしまいます。

以上より、脳はもっと食べないとまずい!!と判断して食事量で補おうとします。

間食にお菓子を食べてしまう

お菓子にも色々な種類がありますが、なるべく控えたいものとして、「砂糖・油」が大量に含まれているようなお菓子です。

例えば、甘いチョコレートやスナック菓子なんかがそうですね。

これらは、瞬間的な満腹感は得られるものの、カロリーの割には栄養が少なく、すぐにお腹が空いてしまいます

気づくと大袋食べちゃっていた..といった現象が起きてしまうのです。

身の回りに食べ物が豊富にある

お買い物をするときに、「間食にあったら便利だなぁ」といった理由で小包装されたような食材を買ってしまうことは誰でもあるとおもいます。

お菓子などであれば、特に冷蔵する必要などがないので基本的には目に見えるところに保管してあることが多いのではないでしょうか。

実はこれによって食欲が爆発しやすくなってしまいます。

例えば、スマホで作業してたら、気づいたら関係ないことしていた….

といったように、簡単なこと(スマホで動画見る、お菓子を食べる)が目の前にあったらその欲望を止めるのが非常に難しいということです。

食欲を封じ込める具体的方法

メインの食事では栄養を意識

「自分に何の栄養が足りていないのか…」

など考えるのは面倒くさいですよね。

ですが、栄養は摂取したい。

そこで僕が実践しているのが、

“栄養のない食材を食卓に並べない”

ということです。

つまり、どんな食材であろうと、なんらかの栄養が入っていれば食べるといった具合です。

野菜であれば、どの野菜からなんのビタミン…というのは全くと言って良いほどわかりません。

なので、基本的に野菜はなんでも食べる。といった感じです。

肉は、動物によって栄養が異なるので、その日の肉の値段によって決めます。

カロリーに対して栄養があまり含まれていないものを、エンプティカロリーといいます。

基本的に砂糖や小麦粉がいっぱい使われているものはエンプティカロリーの食材が多いです。

なので、これらを避けるようにしています。

つまり、エンプティカロリーの食材を避けて野菜・肉などをとにかく食う!を心がけています。

間食にはプロテイン蒸しパン!

食欲を満たすには、タンパク質を摂取するのが効果的です。

お腹空いたら、茹で卵!とか、プロテイン!と言われるのは食欲を抑えることができるからです。

ですが、茹で卵やプロテインドリンクは手軽で良いですが、個人的には食べた感じがしないのが難点です。

そこでおすすめしたいのが、プロテイン蒸しパンです。

僕の作り方は、

プロテイン蒸しパン

・プロテイン2杯(50gくらい)

・生卵 1個

・水 少量

・オオバコ(持っていれば)

これをコップにぶちこんで、3分くらいチンするだけです!

オオバコを入れた理由としては、不溶性の食物繊維も摂取することで腸内を洗浄してもらうためです!

今回は見やすさのためにタッパーで作ってみました笑

水の量によって、フワフワになるかモサモサになるかが変わります。

是非試してみてください。

家にはお菓子を置かない

先ほど、見えるところや手の届くところにお菓子をおくと無駄食いしてしまうということを解説しました。

したがって、もし本当に食欲で困っているのであれば家にお菓子を置かないということをおすすめします。

僕は、一軒家に住んでいるので、自分の部屋にはお菓子を絶対に侵入させないようにしています。意志力が弱すぎるので、僕の場合誘惑には絶対に勝てないことがわかっているからです笑

甘い物が食べたくなってしまった場合には、蜂蜜ヨーグルトやフルーツを食べることによって凌いでいます。

ちなみに、フルーツの栄養価は高いので、量に気をつけながらも食べています。

やっぱり、環境を変えることが最短ルート

以上、さまざまな食欲を抑えるテクニックを紹介してきました。

やっぱり個人的に効果を感じたのは、家にお菓子をおかないということです。

お菓子を食べない状態が普通なんだよ!と脳に教育していきましょう。

これらのテクニックを実践していくと、自然と食欲が抑えられて余計な食事をしなくなるはずです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA