冬でも絶対起きれるようになる”裏技”

スポンサーリンク

名前

冬、朝起きるのが辛い….

名前

朝起きる時、頭が重たいんだよなぁ。

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、

・なぜ、「光目覚まし時計」が良いのか?

・光目覚まし時計に変えることのメリット

・どれを選べば良いのか?

この3つについて解説しようと思います!

光目覚まし時計で起きると良い理由

topless woman lying on bed covered with white blanket

一つ目の理由が,光で体内時計を修正できるからです

まず、前提として人の体内時計は、光によって大きく変化します。

朝に光を浴びると、体内時計が進むので、夜早くに眠くなり、朝早くに目が覚めます。

また冬と夏では、日の出と日の入りの時間が大きく変わります。

冬は日の出が遅く、夏は日の出が早い。

つまり、夏と冬で同じ時間に起きようと思うと、苦労してしまうということです。

このズレを直すため、光目覚まし時計を使って、身体に朝だと思わせる必要があるわけです。

二つ目の理由が,人は光で目が覚めるようにできているからです

原始時代には,目覚まし時計なんてものはなかったと思います。

その時代において,起きるタイミングは

・朝日が登ったタイミング

・近くで物音がした時

が考えられます。

この,近くで物音がした時というのは,敵が近づいてきた時ですね。

つまり,人間にとって音で起きるというのは,体に危険信号を送る事を意味しているといえます

光目覚まし時計のメリット

analog clock

これまでで,光目覚まし時計がいい理由を述べましたが,変える事で僕が実際に体験した変化を紹介します。

一つ目が、目覚めが超快適になったということです。

今までは、iPhoneで目覚ましをかけて、爆音で起きていました…スッキリ起きれる日もありましたが、冬は頭が重くて、しょっちゅう頭痛が発生していました。

光目覚まし時計に変えた後は、びっくりするくらいスッキリ目覚めます。

起床直後の、「もっと寝ていたい〜。」という感覚が無くなりました。

二つ目は、夜の決まった時間に眠たくなる事です。

これは、先述の体内時計の改善の結果だと思います。

現在、毎朝6時に起きるように設定しているのですが、夜9時を過ぎた頃から徐々に眠気に襲われるようになりました。

日照時間の短い冬でも、体内時計が狂わないので、毎日同じペースで生活できます。

どれを選べば良いか?

boy leaning on glass counter

Amazonで調べても、色々なメーカーが出していて、正直悩みます。

僕は、最低限の欲しい機能がついてて、なるべく安いものを購入しました。

特に,商品間で大きな違いはないと思います。

高いものだと,光の色を変えることができますが,色を変えたい場合は,電球の色を変えればOKです。

 正直,機能としては起きたい時間に合わせて,ゆっくりと光量が増えていくものだけあれば十分ですね!

人によってはスマートスピーカーとの連携が取れたら便利!って方もいるかと思いますが、個人的には必要ないと思います。

一回時間設定すれば、ボタン一個でセットできます。

まず,僕が買ったものは以下の商品です。

Amazonのプライムセールで安かったのでこれにしました!(笑)

基本的に,Wifiに接続するとスマホで全て設定できてしまうので,非常に便利です。

個人的に気に入っている機能としては,ラジオですね。寝るときにFMラジオを時間設定で垂れ流しにしています。聞いているといつのまにか寝落ちしてしまっていますが….

ただ,中国の商品・アプリなので少々癖があります。言葉がおかしくなっていたり,設定しづらかったり….

なので,少々高くても,安心できる商品が欲しい方はPhilips製のこちらをどうぞ。

世界一の電球メーカがつくっているので,ほぼ間違いなく買って満足する商品だと思います。様々な人のレビューをみても,悪評が見つかりませんでした。

保証期間が2年もあるので,もし故障しても安心です。

まとめ

yellow-petaled flower

いかがでしたでしょうか?

今回は,冬でも絶対に起きれるようになるための,光目覚まし時計の紹介をしました。

実際に,自分もこれを買ってから,スッキリ起きれるようになり,二度寝することも無くなりました!光ってすごいなぁと痛感しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

このブログでは他にも,ダイエット方法についても記事にしているので,興味のある方は是非みてください!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA