後悔しないお金の使い方

スポンサーリンク

大学生になり,バイトをするようになり色々なものを買いました。
高校生の時には考えられない額を使ってきたと思います。

最新のiPhoneや本,服,時計など色々なものを試しました。

試した結果,ほとんどのものに満足できないことに気づきました。
新しいiPhoneを買っては,「サイズが大きすぎる」だの,「バッテリーがもたなくなってきた」だの手に入ってしまえば欠点が見えていく日々。
服もそうです,結局一回しか着なかったエスニック柄の服が家には多数眠っています。
Apple Watchの時計を買いましたが結局1ヶ月でメルカリで売ることに….理由は手首が鬱陶しいから。

この他にも試しては売って….を繰り返したものがいっぱいあります。
手にするのが目的で,使うことに目的意識をいないからだったと思います。
ある意味,マキシマリストのようだったと思います。

ただ,最近ふと気づいたことが,買ったのに後悔していないものがあったのです。
もちろん食べ物なんかではありません。
それは,本です。

もちろん,小説だけじゃなく,学校の参考書もそうです(大学に入ってから参考書類は自分で買うように)。
自分の知識,教養に繋がる以上のような本は自分にとって最高のお買い物であるということがようやくわかりました。

最近では,自分の価値とはなんだろう?って考えることが多く,もしかするとないのかも…
と思っていたのですが,今回のこの気づきによって知識に対する欲求が自分にとっての価値の一つであることがわかりました。

まだ他にも自分の行動の中に価値が反映されたものがいっぱい眠っていると思うので,心の中に細心の注意を払って生活したいなぁと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA