“歯”に懸けるのは,金か命か。【おすすめ商品も紹介】

スポンサーリンク
意識低い系の人

「歯なんて,食べ物食べれればいいのよ。虫歯は痛くなってから行けばいいしね。」

今日はそのような方々に虫歯よりも痛い話を持ってきました。

本記事の内容

・歯には金と時間をかけるべき。

・QOLを上げたいなら歯にこだわろう。

・歯の定期検診は3ヶ月に1回

・これを使えば間違いない商品

僕は,小学生の頃から歯の矯正をしてます。

現在でも歯のメンテナンスを3ヶ月に1回行っており,虫歯が出来たら即治療といった状態で口の中のトラブルはほぼゼロです。

まれに,口内炎ができるくらいですね。(基本,食生活の問題。)

この記事では,歯に数百万円をかけた筆者が,歯にお金をかける理由を述べます。

歯に金と時間を投資しよう。

結論から言うと,歯に金と時間を投資すれば人生はバラ色です。

歯の矯正により笑顔が魅力的に

歯並びだけで人の魅力は大きく変わります

どれだけ顔が可愛くても,マッチョでも笑ったときの歯並びがガタガタだったらどう思いますか?

その人の魅力って落ちてしまうと思います。

僕の話をすると,小学生の時,自転車に乗っていて木に衝突して前歯を失いました。

運良く子供の歯だったため,後にもう一本生えてくることになるのですが,生えてくるまでの間はみんなに笑われていたのを覚えています。

当時は,僕も笑って過ごしていましたが,今その状況だったと考えるとゾッとします。

正直な小学生ですら前歯がない事で違和感を感じて笑うのに,見た目に敏感になる大人になると,尚更違和感を感じるようになります。

いつから始めたらいいの?

答えは,早ければ早いほうが良い。です

実は歯の矯正を始めても,思い通りの歯並びになるまでには非常に時間がかかります。

歯並びが悪ければ悪いほど,時間がかかると思ったほうがいいです。

そう考えると,1日でも早くに近くの歯医者に行って診察してもらうのがオススメです。

歯のメンテナンスでQOLを上げる

歯をしっかりメンテナンスするだけで,QOLは確実に上がります

具体的なメンテナンスが以下の通りです。

歯垢を取る

まず,重要となるのが,食後に歯の隙間の歯垢を取ることです。

歯磨きをする主な理由ですね。

歯垢をしっかり取らないと,口の中で細菌が増殖して虫歯や歯周病になりかねません。

したがって食後には歯を磨く習慣をつけましょう。

フッ素コーティング

歯磨きで次に必要なのが,磨いた歯をフッ素でコーティングすることです。

フッ素で歯をコーティングすることによって虫歯を防ぐことができます。

歯科研究では、フッ素配合ハミガキ剤を使うと歯の根元のむし歯を67%も抑制可能という結果も存在します。 出典:クリニカホームページ

このように,虫歯予防にはフッ素配合歯磨き粉でコーティングしてあげる必要があります。

コーヒーなどの色素を取る

ビジネスマンや学生など,集中するためにコーヒーを飲む方も非常に多いかと思います。

コーヒーやお茶に含まれる色素が歯の表面に着色することで,歯が黄ばみます。

そこで,ホワイトニング歯磨き粉などを利用している方も多いかと思います。

笑ったときに歯が真っ白だと,相手になぜか良い印象を持ちますよね。

なので,色素沈着は防いでおく必要があります。

定期検診は3ヶ月に1回で良い

これは,歯科医の方に言われたので従っています。

おそらく,3ヶ月だと虫歯も大きく進行することがないからだと考えられます。

定期検診では,歯を細かく調べてくれるので行くべきです。

歯のクリーニング

もちろんですが,細かい機器を使って歯垢の取り残しや,歯石を確実に取ってくれます

普段真剣に歯磨きをしている僕でも,さすがに取り切れない部分も有るので,かなり助かります。

歯周病のチェック

歯茎の状態もすべてチェックしてくれます。

細いピンセットのようなもので歯茎をつついて出血がないかだったり,歯茎の深さを調べたりすることによって歯茎の状態を調べてくれます。

この歯茎の状態によっては歯ブラシでちゃんとマッサージ出来ていない部分もわかります。

歯のホワイトニング

自分でホワイトニングしようとするのもいいですが,歯医者でしっかりホワイトニングしてもらうのもいいです。

場合によっては追加料金が発生することもありますが,僕はいつもやってもらっています。

おかげで歯の黄ばみは目立たないので,安心してコーヒーを飲むことができます。

(ホワイトニング後数日は,怖くて飲めないですが。)

他にも,定期検診に通うことで虫歯の早期発見が出来たり,歯科医からの最新歯科医療のアドバイスを受けることができるのでかなりお得です。

歯医者の定期検診は保険が効くので,1回あたりの診察がかなり安いです。

これが,虫歯になってから行ってしまうと場合によっては数万円とかかってしまうので定期的に通うことが非常に重要になってきます。

僕が使っている歯磨きグッズ

実際に僕が使っているグッズを紹介します。

・歯ブラシ

CURAPROX CS5460

この歯ブラシのすごいところは,一般的な歯ブラシよりも毛の本数が多く,毛が柔らかいので歯茎を容赦なくマッサージできます。

さらに,毛の本数が多いことで軽い力でマッサージできます。

・タフトブラシ

ラピスのタフトブラシ

これは,歯科医に勧められて購入したものです。

通常の歯ブラシだけだと,どうしても歯の間に歯垢が溜まってしまいます。

そこで,この細いタフトブラシで磨いてあげることによって汚れがかなり取れます

他のメーカーでも出ていますが,このラピスの商品は首の部分が大きく反ってるので非常に持ちやすくて奥歯にも使いやすいです。

・歯磨き粉

ライオン チェックアップ

歯磨き粉はずっとこれを使ってます。

これは,歯科矯正の歯科医に勧められました。

これのオススメなところはフッ素配合量が半端ないところです。市販の他の商品よりもずっと多く配合されています

あとは泡立ちにくいので,長時間の歯磨きに適しています。

基本的に口をすすぐほどフッ素は流れ出やすいので,少ない回数のうがいで済むということもメリットです。

金はかけてもいいけど,時間はかけたくない方向け商品

理想としてはやっぱり,なるべく時間はかけたくないですよね。

そんな方向けにオススメなのが,先程の歯ブラシメーカーCURAPROXから発売されている商品。

「Black is White Hydrosonic」という商品。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これの良いところが,

Good point.

・電動歯ブラシなので,歯ブラシ時間が短縮

・カーボン配合ブラシなので,ホワイトニングも可能

・ブラシが柔らかいので,歯茎のダメージを防げる

つまり,先程述べた歯のメンテナンスがコレ一台で済んでしまうということ。

しかも,今なら先着でホワイトニングパウダー(定価880円)が無料でついてくるみたいです。

これは,歯科医に行く時間が全然取れない!なんて方に非常におすすめです。

気になる方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


今回は,これで以上となります。

歯は筋肉と同じで,維持するには継続が重要になります。

一緒に努力しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA