謎の腹痛の改善のためにやったこと。【原因はストレス?】

お腹痛い画像
スポンサーリンク

食後に死ぬほどお腹が痛くなってトイレに篭ったり、緊張して非常にお腹が痛くなったり。
月に何回もこのような現象を迎えて地獄生活を送っておりました.。

ここ1ヶ月近く生活習慣を変えたことで、症状が和らいできたので、何を改善したかを報告します!

謎の腹痛の正体は…?

世間では、IBS(過敏性腸症候群)という病気があるみたいで、詳しくは下のサイトをチェックです!

https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs.html

このガイドラインでは、ローマⅢ基準というのを用いていまして、引用すると、

ローマⅢ基準

・ 最近3ヵ月の間に、月に3日以上にわたってお腹の痛みや不快感が繰り返し起こり、
・下記の2項目以上の特徴を示す

1)排便によって症状がやわらぐ

2)症状とともに排便の回数が変わる(増えたり減ったりする)

3)症状とともに便の形状(外観)が変わる(柔らかくなったり硬くなったりする)

こんな基準となっております。
”排便によって痛みが和らぐ“のと、“便秘になりがち”ということでこの基準を見事に満たしているということがわかりました。

解決方法は…?

解決方法は、基本的には生活習慣の改善みたいです。
また、それでも続くようであれば薬による治療が施されます。

僕は、まずは自分の力で生活習慣を変えてみよう!と思ったので、以下のことを始めてみました。

増量シーズンのリーンゲインズ をやめた

リーンゲインズ をやっていると、十分な量のカロリーを摂取するために1食あたりの食事量が多くなります

これは、減量時期には非常にありがたいことなんですが、メンテナンス・増量期となると食事が辛くなります。

つまり、食後はお腹がきつい状態になります。
このときに、自分はよくトイレに籠っていました

これだけ聞くと、ただの食べ過ぎじゃん!?と思うかもしれませんが、もちろんこの時だけではありません。
普通の食事の際も、お腹が痛くなることがあるのです。

ただ、このように一回の食事が多いことで自分の消化器官には大きなダメージを与えていたということがわかりました。

こういった理屈から、リーンゲインズをやめて一日に必要なカロリーを3回ほどに分けて食べるようにしています。
そうすると、毎食で腹8分目くらいで止まるため、消化器官の負担は小さくなっています。

プロバイオティクスを飲み始めた。

色々調べていると、もしかすると腸内環境が荒れてしまっているのではないかと疑いました。
脳の神経と腸はつながっているらしく、強いストレスを感じることによって腸内が荒れてしまうみたいです。
それにより、IBSが発症してしまうこともあるんだとか。

そこで、腸内環境を整えるために、まずは腸内細菌を迎えることから始めよう!ということで、プロバイオティクスというサプリを初めてみることにしました。

プロバイオティクスというのは、腸内を整えてくれる微生物のことで、腸のために戦ってくれる戦士みたいですね。

実際に僕が購入したプロバイオティクスがこちらの商品です。

Advanced Orthomolecular Research AOR, プロバイオティック3、植物性カプセル90粒

海外の、iHerbというサイトから入手することができます。

なぜこのサプリにしたかといいますと、僕が抱えている悩みをいつも解決してくださる”パレオな男”さんのブログでのこの記事を参考にしました。

その実験中なのですが、飲み始めて3週間目にしてようやく便秘が解消されてきた感じがしているので、効果が出てきているのかなと思います。
高いサプリですが、その分自分には効果が出ている感じがします。

注意しておきたいのが、プロバイオティクスのサプリは個人差が出てしまうということです。違う人に合っても、自分には合わないということがあるみたいなので、もし効果がなければ違うのを試してみるのがベターです。

ストレス管理

自分がお腹痛くなる瞬間というのが、
「イライラした時」
「すごい緊張した時」
なんですね。つまり、この時には腸にはすごい負担をかけてしまっているということです。

ということで、またまた登場するのですが、”パレオな男”さんの著書、
「超ストレス解消法」を試してみることに。

具体的なトレーニング内容は、控えさせていただきますが僕がやっていてとても効果を感じているのが、今のストレスを感じている内容に気づくということです。

例えば、つまらない話をダラダラ聞かせられてイライラしていたとします。
その時、頭の中では「こいつ話つまらんのだけど、早く終わらないかな?」と、無意識に独り言のように流れます。
これを無意識のうちに流れてしまっているということに気づくわけです。
「あ、いま自分はこんなことを思っていたな」と気付くことです。

これをやり始めてから、何に自分がストレスを感じやすいのか、どういうときに感じているのかを客観視することによりストレスを抱えにくくなりました。

もちろんストレスを感じることがありますが、この方法によって後味よく流せるようになりました。

ちなみに、この書籍では100個ものストレス解消法が載っています笑
ストレス解消法をいっぱい知っておくだけでもストレス解消になるみたいなので(武器をいっぱい持っているみたいな….)、辞書感覚で持っておくといいと思います!

まとめ

以上が、謎の腹痛を解消するためにやったことです。
ちなみに、現在はこの方法を始めて約3週間ほど始めまして、この2週間は腹痛に襲われることもなくなり、1日1回は便が出るようになりました。(しかしコロコロ具合は変わらず..)
なので、この調子で引き続き様子を見てみる予定です。
もし、同じように悩んでる方がいましたら、ぜひ試して一緒に乗り越えましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA