週に7回or1回。どっちのストレスを取るか?

スポンサーリンク

トレーニングをしている方は毎日のように鶏胸肉を食べているかと思います。

もちろん私もそのうちの一人です。

現在では鶏胸肉を美味しくいただく調理法が数多くありますね。

・低温調理

・茹で

・蒸し

・焼き

など…..

私は週1~2回のうちにまとめて数kgの鶏胸肉を一気に低温調理しています。

それを数日かけてちょびちょびと食べていく感じです。

調理方法は,鶏胸肉を1枚ずつジップロックに入れて別々にし,60度くらいにセットした低温調理で数時間調理します。

ただ食べるだけであればこの方法になんの問題もないのですが,カロリー管理しているととある問題が発生します。

それは鶏胸肉の重量に個体差がありすぎるということです。

たとえば,ある日の鶏胸肉は1枚300gだったのが,別の日に食べたものは180gだったりとか…

120gも変わるとタンパク質量で27gくらい変わってきます。

この毎日のグラムのぶれが個人的になんとも気に食わない….

と思いながらもこの生活をしていましたが,先日仕込み中にあることに気づきました。

「これ,切ってから調理したらいんじゃね….?」

誰もが気づきそうなことに,私はこの数年気付きませんでした。笑

つまり切って調理して,食べるときに食べたい分量だけとるということですね。

もちろん,調理に少し手間はかかってしまいますが,この手間で食べる時のストレスを減らせると考えると明らかにコスパがいい。

週に1回のストレスをとるか,週に7回のストレスをとるかということですね。

もちろん前者を取るはずです。

切って調理を始めてから,タンパク質の管理もし易くなりましたし,鶏胸肉の内部への火の通りも良くなりました。

もし同じように分量ストレスに悩んでいる方がいらっしゃいましたら,参考までに。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA