スポンサーリンク

自粛によってなぜか運動量が増えている筆者です。

ノルウェイ式HIITにチャレンジしたり(2セットでダウン)、チャリで遠出してみたり。

ただ、唯一運動量が落ちてしまう瞬間があります。

それが、勉強している時や読書中。

1日で読書している時間が非常に長いので、

「この時間に運動ができれば1日の消費カロリーがグンとあがるのに。」

とずっと思っており、以前この記事をあげました。

ダンベルのプレート

Xiser社のステッパーが無いなら、アレで良いじゃない!【筋トレ好きなら持ってる】

2020年4月23日

段差を登り下りしたりすることで全身に血流を送るというヤツですね。

これはこれで非常に良かったのですが、唯一難点として、

「プレートの印字の部分が足に刺さって痛い」

というのが悩みでした。笑

そこで、その記事でも触れていたXiser(エクサー社)のステッパーがようやく手に入ったので実際にレビューしていきます!!

外観の調査

Xiser社のステッパー

僕が購入したのは「Xiser Commercial Portable Stepper Pro Trainer」のタイプで、ProではなくMiniのものもあるみたいです。

違いとしては、名前の通りProの方が大きくて、油圧シリンダーの長さもProの方が2cmほど長いみたいです。

油圧部分と踏み込み部分が別でついてきます。

ちなみに、このマットも付属してきました。

組み立ててみるとこんな感じ。

実際に組み立てた状態

組み立ても非常に楽で、ペダルについた紐を持ち上げてシリンダーに乗せるだけ。

使用感

実際のデスク環境

実際に使用するときはこんな感じです。

これで、ふみふみしながら作業できる…と思ってたのですが、机が低すぎる問題に直面。

ここは後々解決で。

実際に踏んでみると、やっぱり足踏みするよりも断然負荷が大きいので一瞬で身体が温まっていくのが分かります。

文字を書くときなんかは上下に揺れやすいので、中腰で腰から上を動かさないようにすると、下半身への負荷も高まるため、運動効果が高まります。

負荷を調整する場所

負荷を調節する場合は、ここのシリンダー部についている金色の溝に硬貨を挟んで回してあげると調整できます。

一番弱い負荷で高速で踏み踏みするというのがオススメです笑

異音がした。

踏み続けていると、「キーキー」鳴る音が聞こえました。

「うわー、買ったばかりなのに最悪。」

と思っていましたが、説明書にその対策が書いてあったので実践してみました。

説明書

この3箇所に潤滑油を塗布するみたいです。

潤滑油

我が家には潤滑油が、オリーブオイルかこの自転車用オイルしかなかったので、自転車用オイルを塗布してみました。

ティッシュに軽くつけて塗ってあげました。

そして、馴染むまでしばらく踏み踏みしていると、なんとか音が鳴らなくなりました!!

やっぱり、油が落ちてきていたのが原因だったのですね。

もし、今持っていて気になる方がいましたらぜひ試してみてください!

安く購入する方法

アマゾンやQoo10など、様々な場所で販売されていますが、現時点で7万円と、非常に値段が高くなっております。

正直ここらで買うのはおすすめしません

実はもっと安く買える(定価に近い価格で)方法があるんです。

それが、フリマアプリです。

今回、実際に僕もフリマアプリで4万8000円で購入することができました。

正直、中古で買うのを毛嫌いする方いらっしゃるかもしれないのですが、心配いらずです。

この商品は非常に頑丈に作られているので、中古だろうが新品同様です。

僕は以前メルカリで服などを販売していたため、2万円のキャッシュがあったため、実質3万円で購入しました

<strong>おすすめの方法</strong>

1.フリマアプリを色々ダウンロードする(ラクマ・メルカリ・Paypayフリマ等)

2.「Xiser ステッパー」のキーワードを保存しておく

3.通知頻度を最大にしておく(定期的にフリマアプリを開くのが吉

これにより、出品がされた場合に通知がくるのでその際に買うのがベストです。

様々な出品を見てきましたが、値下げしてくださる方は非常にレアであることを覚えておきましょう。

まとめ

今回は以前からずっと欲していたXiserのステッパーを購入したのでレビューしました。

  • 値段が高いが健康を買う意味では安い
  • 実はこの記事を書くときにも踏みながらスマホで執筆している

是非とも、国から10万円が寄付されたらこういった健康器具を買うことをお勧めします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA